チープカスタム


その21

こんなトラブルありました。(その1)

整備の本や雑誌などには載っていない色々なトラブル。
考えに考え抜いても分からなかったのに、
意外なところに原因が!
私の体験談を少々どうぞ!

走行中急にバックファイヤ
又は
全くふけない
又は
エンジンがかからない


私の場合はハーレでした。
症状は走行中のバックファイヤ。
中速で低速走行しているといきなり、バックファイヤがおこりだし、
回転にムラが出てきました。
とりあえず、回転を上げるとましになるので、そのまま帰りました。

レイドのOさんの場合、雨天走行時に全くふけなくなりました。
それまで順調だったものが。
キャブが雨を吸ったわけではありません。

ハーレのAさんの場合は、ツーリング先で順調だったのに、
あるところで速度を落とすとエンジンが止まり、
その後は始動不能になりました。
地元のハーレショップを呼ぶも原因不明。
クランクかと大騒ぎ!

実はこの3つとも原因は全く同じでした。
3つのケースの共通点は、
そのトラブル前までは全く何の前兆ももなく調子が良かったことと、
共通の装備があったこと。
それは…


!(・∀・)「電気式タコメーター」

結論から言うと、タコメーターのピックアップ部分が壊れたり、水などでリークしてしまったために、
ノイズが発生し、点火が正常に行なわれなくなったことが原因でした。

いずれの場合も、タコメーターの配線を外すと、それまでの症状は嘘のように収まりました。


考えてみればすべて点火系のトラブルだとは考えられるのですが、
いざその場になると、ついつい他の事を原因ではないかと考えてしまいます。

やれ、キャブか?マフラーか?ポイントか?

しかし、直前まで調子の良かった車両ならば
そのような根本的な調整ミスなどあまりありません。


多くの場合、単純な事柄が原因の場合が多いです。
接点の緩み、断線、などが最も多いのではないでしょうか?

皆さんももしそんな目に会ってしまったらば、
落ち着いて簡単なところから原因を探ってみましょう

次へ

戻る

トップへ