チープカスタム


その23

こんなトラブルありました。(その3)

整備の本や雑誌などには載っていない色々なトラブル。
考えに考え抜いても分からなかったのに、
意外なところに原因が!
私の体験談を少々どうぞ!

にかく低速が調子悪い。
キックでの始動性悪い。
アイソリングが不安定。
信号待ちで発進の際よくエンストをする。
そして・・

ある日、いきなりプラグが死んでしまって始動不能!

知ってる人なら知っている!
これは我が愛車ドリラの症状でした。

悩みましたね〜!これには!

元々が拾った車両ですから、程度が悪いものだと思っていたし、
適当な部品を行き当たりばったりで組み込んでいったから、
調子の悪いのはそんなものかと思っておりました。

しかし、

ある日ヘッドを交換して100Kmほど慣らしをしたとたん!

<(T∇T)>「出先でエンジンストップ!」

私は汗だくで、約4Kmの道のりを押して家まで帰りました。
(詳しくはここを読んでみてね!

確かに調子が悪い車両にしても、昨日まで快調だったものがなぜ急に!?

?が頭を埋め尽くします。
そして、やらしいことに、ガレージに置いておくとたまにエンジンがかかる時があるのです。
でも!
その後はいくらやっても全く・・・・
(ちなみに、キャブ、ガスコック、は分解清掃調整、二次エア対策、ラグ交換など思いつくことはして見ました。)

今回は私は完全にギブアップ!
プロ(56君)の手にゆだねました。

彼、スロージェットの交換、マニホ段取り、ポイント清掃調整などなどしてくれました。
そして、一応かかるようにはなりましたがまだ何かおかしい・・
彼は試走に出かけました。

しかし!
彼も私と同じ目に!

<(T∇T)>「お店から7Kmほど離れた路上でいきなりエンジンストップ!」

店に戻った彼はある部品を交換してみました。
すると呆気なくエンジンは生き返りました。
交換した部品はなんと!

!(・∀・)「点火コイル!」

これが調子が悪く、幾度かに何回か火花が飛ばなかったようですね。
ですので…

低回転時には火花が十分飛ばず、
異常な燃焼を起していたのです。
ゆえに、
押しがけだとかかるがキックはかからない、
アイドリング不調、発進時エンスト、
プラグがすぐ死ぬなどの症状があらわれていたようです。

なまじ走っているときには普通に回るから、このコイルは頭にはありませんでした。

動く時と動かない時がある壊れ方。

そういう壊れ方をするのが電気系の部品ですね!



次へ

戻る

トップへ