いろいろな話61
ああ!勘違い!(その2)

前回同様、今までしていた思い違い、勘違いです。


くるみボタン

洋服のボタンで、洋服と同じ生地でボタンを包んでいるもの。
つまり「包みボタン」なわけですね!
私はこの仕事(服屋)につくまで、ずっと、「クルミの殻を材質にしたボタン」だと思っていました。
だって、貝を素材にした「貝ボタン」や金色の「金ボタン」ってあったものね。
だからてっきり…


ねずの番

よく時代劇などを見ていると耳にはいってきました。
「今夜はねずの番だな。」とかね。
「ああ、ネズミを見張るんやな〜」
そう思っていました。
いえね、とはいっても実際にチューチュー鳴くネズミだとは思っていなくて、
敵の忍者なんかの番だなと思っていました。
ほらよく時代劇で、屋根裏に忍び込む忍びなんかを
「ちっ!ねずみか!」って言ってたからそうなのかな〜っと…
本当は「寝ずの番」、つまり徹夜で見張ることだったんだよね!


こまたの切れ上がったいい女

これはみんなそうでしょ!
そう思うでしょう!?
いわゆるハイレグはいたときのあのライン!
そう思っていました。
しかし、実際はうなじの毛の生え際だったなんて!
よく考えれば、この言葉が通用した時代には、
私の思っているようなところを見せて歩いていたら大騒ぎだったわな!


次へ