いろいろな話80

石鹸シャンプー

「パパァ?いま石鹸使ってる?」
「ん?うん使ってるけど?('_'?)」
「しばらくシャンプーにしいな〜。」
「なんで?」
「なんででも。」
「なんで?」
「…」
「薄いんか?薄くなったんか?」
「ちょっと、分け目が…」


実は私、いつも洗髪は石鹸で行っているのです。
その昔、理容師の友人から、
「アンタは頭皮が堅いから石鹸でよく洗った方がいいよ。」
とこう言われ、それからずっと石鹸でした。

いや…
まてよ、そういや、もっと以前から…

小学校のころ、よくシャンプーを忘れたまま銭湯行ったこともあり、その時も石鹸でした。
ただ、その時はちょっとこった洗い方をしておりました。
まず、洗い桶にお湯を少し張り、その中に石鹸を放り込む。
ぐるぐると手でかき混ぜて…
よく泡立ってきたらば出来上がり♪
たまに友達からリンスをもらってそれに混ぜる!
でもシャンプーはもらわない!
(この当時はリンスの意味なんて分かってなかったから…)
このお手製石鹸シャンプーで洗髪していました。
私がこれを作っていると、友人達のなかにも真似をするものがいたりしましたね〜。

そんなことを思いながら風呂に入りました。
はい、今回はちゃんとシャンプーを使いましたよ。
人間用のちゃんとしたのをね!

おまけ

そういや、中学のころ…
色気づき始めた私は、噂で聞いた「卵シャンプー」なるものに挑戦しました。
本来は卵の黄身で髪の毛をパックするらしいんですけども、
そんなことを知らない私は洗面器に卵を割り入れ、
そこにお湯を入れました。
当時の私とこのお風呂は、油温の調節が微妙にできないタイプ。
いきなり熱いお湯が出てきて、卵はなんだかモロモロになりました。
(推定温度60度前後の熱湯か?)
「コンナモノヲ アタマニ カケルノカ?」
水で適温にした後、エイヤッ!と頭にかけました。
結果は?
もうなにがなんだか!<(T∇T)>
髪の毛に、微妙に固まった卵たちが絡みつき、もう本当になにがなにやら…
もう二度とやるまい、そう心に誓い一生懸命すすぎました!(=^^=)ゞ

実は、牛乳をかぶった事もありますが、
その話はまたいずれ…♪


次へ