いろいろな話248

 

本当にかっこいいと思ってる? 

 私はカッターシャツの下にランニングシャツを着ています。

そしてたまにTシャツのすそをズボンの中に押し込みます。

するとたいてい、

「オサンくさ〜!」「かちょ悪ぅ〜!」

と言われます。

そこで私はいつも言うのですよ。

「なんでかっこ悪いん?」

するとたいていは、「だってそういうのはかっこ悪いですよ。」というだけで、明確な理由は出てきません。

で、私はいつも思います。

本当にみんなはかっこ悪いと思っているのだろうか?

本当は、どこかの誰かが「かっこ悪い」といわれているから、

かっこ悪いといっているだけなんじゃないかな?


また、反対のことも同様に思うのです。

つまり

本当にそれがかっこいいと思っているの?

ということ。


たとえば、ズボンをズリ下げた腰パン、背中やお尻が見えてしまうローライズ

あれらは本当に本人たちはかっこいいと思っているのだろうか?

流行だから、皆がしているから、だからかっこいいんだと思っているだけではないでしょうか?

そうそう、バイクでもそう。

このカスタムが流行です、といわれれば自分で本当に良いかどうかを判断せずに飛びついているでしょ?

なんか変ですよね。

私はこういう性格だから、つい本音を漏らして。

「でもそれ変…」

と言ってしまいますから、よく「変な趣味」と言われます。

でもどうなの?本当のところはどうなの?

本当に、価値観がぴったり合って、かっこいいと思っているのならばいいのだけれども、

流行、もしくは多数派の側に立ちたいがために飛びついているのならば、なんと愚かな…

そこには自分の価値観も、考えも何もないでしょう?

思考が停止しているよね。

だとすれば、そういう人たちの感性や考えなんて当てにできない。


こういうことをぼんやりう考えていると、

多数決が基本の民主主義もどんなもんだか…

話があさっての方に向いてしまいます。

(=^^=)ゞ


だからまあなんというか、

これからも私はランニングシャツは着ますし、

バックルを見せたいのでTシャツのすそはズボンに入れたりします。


多分ね!




どう?

やっぱかっこ悪い?


次へ

トップへ