色々な怪獣

1 MY BEST FAVOURITE

MY BEST FAVOURITE、つまり私の一番のお気に入り!
やっぱり何を差し置いてもこれでしょう!
問答無用にかっこいい!
大抵はゴジラと比較され、マイナーな存在だけれども、
物心ついた頃より大ファンでした!
そのキバ、うろこのついた甲羅、ひっこむ首、極めつけは回転ジェット!ヾ(〃∇〃)〃
映画の中でもファンサービスは忘れない!
鉄棒で大車輪!手裏剣!槍投げ!
また、劇中に出てくる食べ物も魅力的でした!
(主にバイラス以降の子供向けの作品ですが。)
大抵は主役級の子供が二人一組(一方は外人)で出てくるんです。
で、この子達のおやつのシーンがあるんです!
中でも一番記憶に残っているのが、バイラス星人の宇宙船でのこと。
子供たちがコンピューターのタッチパネルを操作すると、そこからはドーナッツとジュースが!
この当時私は保育園児。
祖父祖母に育てられた私は、それまでドーナッツという食べ物にあまり親しみがなかったのですが、
この映画の2人の食べているドーナッツのなんて美味そうなこと!!
それで、ドーナッツに凄くあこがれた私は祖母にねだって家で作ってもらいました。
開げられた新聞広告の上にのせられた、揚げたてのドーナッツ。
大変おいしゅうございました。(*^人^*)

さて随分話がそれましたが、このガメラ、他の怪獣とはちょっと違いとても親近感が涌いた!
その理由は、表情の豊かさと感情表現の素晴らしさ!
怪獣のくせに、ころころ表情を変え(たように見える)る。
嬉しいとゴーゴーを踊るし、手を叩く。
反対に辛そうな時は、本当に辛そうな声を出す。
特にガメラは敵の攻撃で流血することが多かった。
ギャオスには腕を切られ、バイラスには腹を刺され、ギロンには手足に手裏剣を打たれ、
ジャイガーに至っては卵まで産み付ける!
そのたびに青い血を流し、辛そうにもだえるガメラ!
私は本当に心配したものです。

そのガメラさんも怪獣ブームの衰退に伴ないいなくなってしまいました。
その後は、子供たちの間ではライダーなどの等身大ヒーローが人気となり、
ガメラのことを口にしても鼻で笑われるようになりました。

それから時代も変わり平成になった頃、ある噂を耳にしました。
「ガメラ復活?!」
しかし、素直には喜べませんでした。
というのも、その数年前にゴジラが復活したのですがその内容たるや…
「やはり、子供の頃に見たから素晴らしかったのか…」
(一生懸命頑張るゴジラがあわれで哀しくて…)
その時感じた哀しさを再び味わうのではないか?
そのような不安が胸の中にあったのです。
しかし、封切りを前に各種の雑誌で特集が組まれ、その評判を見ると…
どれも!絶賛!ヾ(〃∇〃)〃
それに気を良くし、家族で見に行きました。
感想は、
「…よくやった、よくやってくれた!(涙)」
単なる怪獣映画ではなく、映画としても本当に良く出来た映画でした。
私は、この映画で初めて画面にガメラが現れたシーン、
海中のショットで、泣きました!
抑えきれずに泣きました!
随分久しぶりに友達(先輩?)に会ったような、しかも以前と変わらず、
いやもっと立派になっている様子を見たような気がしたのです!
そして、やっぱりギャオスに腕を切られます!
自衛隊がロケットで撃ちます!
そのたびにハラハラ!
「大丈夫かガメラ!?」
私の血潮は沸騰します!
最後はまるで三船敏郎の「用心棒」
思わず息を止め魅入ってしまいました!
(何度繰り返して見ても、私は同じリアクションをします!)
しかも、映画の終わりには、

の一文字が!
これは、怪獣映画の何たるかを知っている人の仕事!
よくぞよくぞ!
私はスタッフロールを見ながら、。
制作された方々に心の中で頭を下げていました。

多くの人の思いも同じだったんでしょう。
その後、続編、続々編が作られました。

一旦地に落ち、そこからの大復活!
なんてドラマチックな怪獣でしょうか!



追記

「一旦地に落ち、そこからの大復活!」
これはもう一つの私のヒーロー、エアロスミスにも当てはまります!


次へ

戻る

トップヘ