色々な怪獣

2 夜走る…

いつはどこまでも追ってくる!
暗い夜道を、ただもくもくと追いかけてくる!
自動車で逃げても、走って追いかけてくる!
慌てる様子も無く、表情一つ変えないで、
ただ、両手を大きく振りながらストライドを大きく取って、
スキップするように走りながら追っかけてくる!



しかもそいつの顔は…



こんな顔!


これはご存じ「ウルトラQ」「2020年の挑戦」のワンシーンです。
このシーンははっきり言って悪夢以外の何者でもありませんでした。

登場する怪獣は、「ケムール人」です。
(いや、むしろ怪人の方がしっくりくるなあ。)
細かい解説は検索でもして調べてください。
ここで私が述べたいのはその恐さ!

根本的な恐怖が、自分の理解を超えたものの存在であるとしたならば、
これこそまさに具現化された恐怖そのもの!
訳のわからない姿をしたものが、
理由も無く追いかけてくる!
しかも、どうやって逃げてもどこまでも追いかけてくる。
もうこうなると、パニックに陥らない方がどうかしている。

まだ、小学校に入ったかどうかの年齢でこれを見て、
話の内容は理解できなかったが、とても恐かったのだけは憶えている。
夜の銭湯の帰り道、自分の後ろが不安で兄に後ろを歩いてもらい、
決して振り返ることなく家路を急ぎました。
だってケムール人がいたら大変でしょ?

奴は色んなところにいました。
夕方一人で帰る学校の校舎の階段、昼間の誰もいない公園、果ては家の便所の窓!
いたるところに奴の影が見え隠れして怯えていました。

今でも間違いなく、これが最も恐い映像だと考えています。

さすがに最近は奴は出てきません。

ただ、ごく希に気配を感じることはあります。

夜間、バイクでたった一人山の道にいる時。
そんな時は決してバックミラーを覗きません。
だって、嫌でしょう?

覗き込んだミラーにこんな奴が写っていたら!



あなたも、夜間一人での夜道は…

ケムール人に気をつけて





おまけ

大きくなって、筒井康隆の小説を読んだ。
「あっ!これは絶対ケムール人!」
そう思った。
その小説は…

「走る取的」

ぜひ一度拝読を!


次へ

戻る

トップヘ