色々な怪獣


12 怪獣ではないのだけれども…

怪獣ではない、
いやむしろヒーローなのですが…

知っていますか?

こんな方?

ああ!はるか彼方から僕らを守るためにやってきてくれたヒーロー!
ゴッドマンです!
朝の子供番組「おはよう子供ショー」にいきなり現れた新コーナー!
「行け!ゴッドマン!」
そのたった5分間のコーナーで、この方は活躍しておりました。
戦う相手は、どこかで見たような…?
いわゆる、使いまわしの怪獣たち。
ウルトラ怪獣だったり、東映怪獣だったり、果ては見たこともないような怪獣だったり。

始まりはいつもこのセリフ。
「助けて〜!ゴッドマ〜ン!」
するといきなり、怪獣のいる工事現場に、ゴッドマンがやってきます!
そのあとは戦うわけなんですが…
<(T∇T)>
うえ〜ん!光線や飛び道具は一切無し!
ただひたすら、殴りあう!(というか、絡み合う!)
5分後、怪獣は逃げていきます
そう、逃げていくんです。



一応、巨大ヒーローなので家よりも大きいのですが、
出てくる建物はいつもこれ!

なに?これ?
家の裏が工事現場?
はげやま?
砂漠?
ちゅうか、裏山がこんなんやったら生活してられへんやろ?
しかも、怪獣が出てくるのは決まってこの町内。
しかし、決して建物が壊されることはない!
実はこの怪獣たちはいい奴なのか?
否!
当時小学校低学年だった私でもこう思いました…
「セットが惜しいんやな…」

なんか見るたびに腹が立って、は〜っ、となるヒーローでした。


おまけ

実はこのゴッドマン以前にも同様のヒーローがいました。
その名を…
レッドマン!

この方の場合は、ミニチュアの建物すらありませんでした。

こうなると、ただ単に原っぱに怪獣が出てきてケンカをする、
「ウルトラファイト!」という番組の方が潔くて、良かったな〜。
(ギャグもあったし!)



次へ

戻る

トップヘ