懐かし探偵団 3 
防火用水槽


(Φ刄ウ)「ゴミ箱とちゃうのん?」
奥さんに左画像を見せるとそう言いました。
確かに似たゴミ箱もありました、ただあれは前の部分がに木の板でふたされていてそこからも開きます。
そして何より、ほら、右隅を見てください、ちゃんと水道の蛇口がありますよね?
(底の方には水抜きもあるでしょ?)
横にちゃんとバケツとひしゃくもある、ふたまでもしてある。
ただこの物件は今現在、溶接屋さんの冷却用の水槽として利用されています。

多くの防火用水槽が取り壊されたり、
植木鉢(写真右)へと転用され姿を変えている、
そしてその姿は変わっていないのに、別の物に見られてしまう。
なぜ防火用水槽に見えないんでしょうか?
それは多分…
「中に金魚が泳いでいないから〜!ヾ(〃∇〃)〃」

昔の防火用水槽には必ずといっていいほど金魚がいました。
もちろん楽しみで飼っていたところもあるでしょうが、
私の近くのお家では、水槽に涌くボウフラを退治するために入れているんだと言っていました。
その時、子供の私は「じゃあ、火事の時は金魚を出すの?」と聞きたかったのですが、
「いいや」と言われるのが恐くて聞けませんでした。
幸い、火事はなく金魚たちは寿命をまっとう出来たようでした。


今では水槽の代わりにバケツがアチコチに置かれていますが、
たった1杯のバケツの水で何が消せるというのでしょうか?
ワンコたちの飲み水になるのが精一杯でしょう?
そんなことを思い、ある日覗いてみたら…
「中にはタバコの吸殻がいっぱい〜!<(T∇T)>」
ワンコの飲み水にもなりゃしない!
この近所のマナーもどんどん低下してきています…
鬱!( 。-x-)

次へ

戻る

トップへ