懐かし探偵団 24 
のーはつ

のうはつとはいっても、「脳力開発」や「脳内発情」などではなく、
「農業発動機」のことです。

ある日のこと、お友達のえーちゃんさんちに行ったとき、
ずで〜ん!と鎮座いたしておりました。
プッシュロッドでバルブを動かす、OHV単気筒!
燃料は、軽油。(始動時はガソリン)
大きくて、ずんぐりして、触っていても丸くって、気持いい♪
しかし一旦掛かると、恐ろしいほどの迫力で動き出す。
白煙をもうもうと吐きながら、唸りを上げるその姿は、
さしずめ小さな怪獣のよう!

「これを何に使うの?」

そんな野暮は言うべきではない。
ただ、動くのを眺めていればそれで楽しい。

始動の際は、その圧縮を腕に感じ、
動き出せば、爆発の意味を肌で感じる。
大きなピストンのスカート部分がシリンダーより見え隠れ、
また、バルブがプッシュロッドに押され開閉するのも良く見える。
知識としては知っていた、エンジンの仕組みを理解することが出来ます。

いや、でもそんなことが面白いんじゃあない。
ただ単純に、「機械が動くのが面白い!」


子供のころ、何かを分解したり、それをまた組み立てたり。
あの頃の、ドキドキを感じます。


上の画像をクリックすれば動いている画像が見れるはず。
(撮影byあめふらし動画研究所KK
ただいま容量不足のために、動画は見れなくなっております!



次へ

戻る

トップへ