懐かし探偵団 47
変わらぬあなた♪

47.JPG - 19,290BYTES

これは今だに現役の看板なので、本来懐かしくもなんともないわけなのですが…

実は、私が保育園に通っていた時から全くデザインが変わっていないのです。

毎朝この看板を眺めては、

「あの紙風船いいなぁ…」

とか、

「この子、おもいっきりパンツ見せてるやん。」

とか思いながら4年間通いました。

 

そのうち大きくなって、あまりこの看板を気にかけないようになった頃。

それと同時に看板も色あせて、どんどん老朽化してゆきました。

「ああ、もう新しいのんに変えないかんね〜。(変えないといけないね。)」

そう思っていると、ある日突然。

「あれ?!また全く一緒のん!」(・∀・)

なんとまあ、驚いたことに以前と全く一緒のデザインでお目見えしたのです。

道路標識ならともかくも、こういう看板でずっと同じってあるんかな〜?

 

とかとか思いながら、

今年でなんと40年目!ヽ(・∀・)ノ (2006年現在)

なんとまあ…

 

この紙風船(あっ!今気づいた!ボールか!?)を持っている女の子、

齢すでに40余年!

なのに全く変わることもなく、今でもパンツを見せてがんばっている!

「正に逆・ジェニーの肖像!(注)」ヽ(・∀・)ノ

 

そういうわけで、町で見かけると、なにやら懐かしい人にあった気がするのです。

 

 

そう、ついでにこの方も…

47B.JPG - 11,274BYTES

 

一体いつまでパンを食べてるんでしょうね〜♪

♪(((*^ω^*)))♪

 

 

注・ジェニーの肖像

1940年 ロバート・ネイサンによって書かれた小説。

あらすじ…

1938年、冬のニューヨーク。貧しい青年画家イーベンは、夕暮れの公園で、一人の少女に出会った。

数日後に再会したとき、彼女ジェニーはなぜか、数年を経たかのように成長していた。

そして、その後会うたびにジェニーだけがどんどん成長し、やがて二人は恋に落ちる…

続きはどうぞ本で読んでね!ヽ(・∀・)ノ




次へ

戻る

トップへ